2014年06月08日

今年の初釣り

今日は今年の初釣りです。朝、家を出たのは8時半。鹿野経由で高速を使い、六日市経由で柿木に向かいます。いつもの囮屋さんで、囮2匹と鑑札を買いました。消費税が上がったこともあり、13000円ほど払いました。今年は鮎が少なく、今日は僕が三人目とのこと。結構錦川に行く人も多いそうです。鮎が少ないから人も少ないので、場所には入れる?そんな会話の後に道の駅裏をのぞくと、三人入ってありました。ここに入るのは止めて、着替えだけして、場所移動です。
現地に着くと、誰もいない。そこで下の瀬から攻めることにしました。やや水位は低めで、水温は19℃です。昨年使っていたナイロン仕掛けでチャラから泳がせます。ものの5分で小さいながら今年の初ものが掛かりました。早速、囮にしてまんべんなく泳がすとポツポツ掛かります。型は小ぶりです。下の瀬を攻めてみると追いはあります。そうこうしながら1時半まで10匹ほど掛かってました。
昼休みにおにぎりを食べて、再びチャラから攻めるとバラシが続きます。でも掛かりはあまりよくない。途中、晴れ間ものぞきましたが、雲行きも怪しくなってきたので4時半に竿をしまいました。結局、11匹掛かってました
今年はダメとの情報でしたが、予想以上の釣果にはなりました。この先どうなるのかはわかりませんが、まずまずの初釣りでした。
DSC_0301.JPG

posted by わかひろ at 20:44| 山口 ☁| Comment(0) | 僕の鮎釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

今シーズン最後の釣行

H25年9月22日(日)晴 島根県高津川 柿木温泉下 水温22℃ 20匹(通算89匹)
130922_1641531.jpg三連休の中日に今年最後の鮎釣りに高津に行きました。いつもの囮屋さんに行くと、水槽にはたくさんの鮎。親父さんに聞くと、調子がいいそうで、まだ鮎も落ちてないとのこと。慎重に2匹を選びました。なんでもメスの方が追いがいいとのこと。今日は道の駅で釣ろうと思い、川をのぞくとすでに3人入ってあったので、仕方なく着替えだけをここで済ましました。今日は晴天で気温も高いので、ウエットタイツの選択もあったんですが、9月の中旬なのでドライスーツを久しぶりに着ます。ドライスーツとは言っても、安物の不良品なので、水漏れのために足にビニール袋を履いて、その上からシューズを履きます。
今年一番お世話になった温泉裏をのぞくと、すでに先客ありで丁度入川されるところでした。下の瀬には人がいなかったので、前回に続き下の瀬で最後も竿出しすることにしました。8月の雨の影響か少し川も変わっているようですが、水は少なめです。
誰もいないので、中央の瀬頭から攻めます。大石の周りにおよがせれば10分ぐらいで掛かりました。でも口掛かりでなかなか針が外せなかったので、引き続き同じ囮で泳がせると、ポツポツと掛かります。型はそんなに大きくなく、囮サイズです。10時から12時までに10匹ほど掛かってました。車にもどり昼食のおむすびを食べて再び川にもどります。天気はいいといいながらさすがに秋なので、日がかげると肌寒く、ドライスーツで正解でした。
大き目の鮎は囮缶に移し、小さめの鮎を舟に入れて、チャラ瀬で泳がせの大物ねらいです。ナイロンに張り替えると、午前中の複合メタルとは異なり、ややかってが違います。囮も小さいので、なかなか対岸のチャラまで泳いでくれません。追われてもすぐ逃げたり、針が外れたりで午前中のように掛かってくれません。3時をすぎた頃からやっと掛かりがもどり、やはり対岸まで囮が行くと必ず掛かります。夕刻に近づくほど掛かりだしますが、4時で今年の竿納めとしました。結局20匹掛かってました。
 今年は高津、匹見川のみで9回。100匹を上回ることはありませんでしたが平均10匹程度。恒例の広島合宿の帰りが大水害になり、驚きましたがそれなりに楽しめました。
posted by わかひろ at 20:26| 山口 ☀| Comment(0) | 僕の鮎釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

今年初の連チャンだったけど

H25年8月18日(日)晴 島根県高津川 柿木温泉下 水温27℃ 5匹(通算69匹)
130818_174712.jpg 今日は昨日に続き今年初の連チャンの釣りです。娘を学校に送った後、徳地インター経由で柿木まで。まず昨日沈めていた囮缶が無事であることを確認し、道の駅に入ろうとのぞいて見ると、すでに二人川に入ってありました。したがって、昨日と同じ温泉下に入ることにしました。下の瀬に入るつもりでしたが、ちょうど網の方が入られているところ。仕方なく昨日と同じ場所を攻めることにしました。囮はすこぶる元気でした。
 小ぶりの鮎を数匹舟に移し、昨日よく掛かった瀬尻で竿を出します。すぐに掛かりましたが、相変わらず型が小さい。続いて掛かりますが引き抜き失敗でバラシてしまいます。誰も人が入ってないので瀬からトロまで攻めれます。でも、今日は掛かりがよくありません。下のトロでは相変わらず食む鮎が沢山見えるのに、下では掛かりません。昼前にハリスが切れたので、早めの昼食を取りました。トロ場で1時間釣って掛からなければ下の瀬まで移動しようと決めて、午後の部を開始しました。
 30分たっても掛かりがないところに、地元の網の漁師さん達が川に来ます。どうやら網の型はオレンジの帽子をかぶっているよう。すでにはるか上では網を入れてます。ちょうど場所変えようと思ってたので、ここは網の方にゆずり、車はそのままで歩いて下の瀬まで移動しました。
 ここでもチャラ瀬を攻めてみますがなかなか掛かりません。掛かりバレなどがあり、小ぶりの囮達はみるみる弱ってきます。何回も囮を替えますが、掛かりません。一度、竿をしまい上まで戻れば元気な大き目の囮が缶の中にいます。使える囮はビリ鮎だけになり、そのビリ鮎君も力尽きてきたので、覚悟を決め、一旦竿をしまいこのビリ鮎をつけたままで上に囮を取りに行くことにしました。竿をたたんでいる時に奇跡?がおきました。なんと鮎が掛かったのです。あわてて竿を伸ばし掛かり鮎を取り込みます。囮サイズですが腹掛かりです。ラッキー!これで囮を取りに行くのは止めて、この鮎に賭けてみる事にしました。上のトロを泳がせるとどんどん遠くまで泳いでくれます。しかし、掛かりません。瀬頭の対岸のチャラでも泳がせますが、掛かりません。やがて腹掛かりのせいもあって泳がなくなったところで、今日は竿をしまいました。
 結局5匹でビリ鮎が半分でした。始めからここを攻めておれば、釣果は変わったかもしれません。ついてないようなついていた様な気分で連ちゃんの釣りを終えました。
posted by わかひろ at 19:11| 山口 ☀| Comment(0) | 僕の鮎釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

型がイマイチ

H25年8月17日(土)晴 島根県高津川 柿木温泉下 水温26℃ 16匹(通算64匹)
130817_1047551.jpg  今日は盆休みの週末で、朝ゆっくりめで高津に行きました。いつもの囮屋さんで小ぶりの元気鮎を2匹購入し、そのまま柿木温泉下に。車が1台止まってましたが、ちょうど川から上がられるところで、調子を聞いて見ると追いがなく、瀬で小さいのが2匹しか掛からなかったとのこと。先週のチャラトロの入れ掛りが気になっており、ちょうど目の前のトロで釣るつもりだったので、支度をすませ川に入ります。
 水は先週よりは少なく、やや渇水気味です。ただ跳ねる鮎や群れ鮎は沢山見えます。今日は最初にチラシをセットし、トロを泳がせます。まんべんなく泳がせますがなかなか掛かりません。そこでイカリに替え、上の瀬尻まで移動し、やや流れのきついところを泳がすとやっと囮サイズが掛かりました。入れ掛りとはいかず、しばらくしてまた掛かりますが、引き抜き失敗で逃がしてしまいます。その後ポツポツ掛かりますが全体的に型は小さく、ビリ鮎も何匹か混じります。瀬尻のチャラでよく掛かりました。時間帯でかなりむらがありました。
 食事を済ませた後、さらに上の瀬を攻めますが、そんなに掛かりはかんばしくなく、やはり瀬尻のチャラが追いがよかった。その後、下のトロまで下りますが、なかなか掛からず、掛かった場合はサイズはまぁまぁでした。結局16匹掛かっており、明日もここに来る予定のため鮎は囮缶に入れたまま川に沈めて帰りました。
posted by わかひろ at 20:45| 山口 ☀| Comment(0) | 僕の鮎釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

瀬よりトロ?

H25年8月10日(土)晴 島根県高津川 柿木温泉下 水温24℃ 19匹(通算48匹)
130810_180710.jpgすっかり猛暑モードになった今日は朝早くから高津に向かいました。先々週の豪雨災害で津和野から下はかなり川も変わったのではと思いながら、行き先はいつもの柿木です。囮屋さんで囮2匹購入しますが、前回囮で失敗したため、元気な囮を自分で選びます。小ぶりですが元気者を選んで囮缶に入れます。
 今日の場所は温泉下と決めてました。上には車が2台あり、すでに先客あり。下に行くと丁度準備をしている人が。上に移動しようかと思っていると、この方は片付けて帰られるところでした。9時代で場所変えとなると、ここはあまり良くないのか?と不安になりながら、場所が空いたので、下の瀬に入ることにしました。
 まずは瀬頭の流れの緩やかなところから攻めようと囮を出すと、なんと元気そうに見えた囮が病気もっており、鼻カン刺すとやがて泳がなくなりました。ショックです。やはり囮は手にとって購入しなければダメです。しかし、もう1匹の囮はすこぶる元気で、すぐ野鮎を掛けてくれました。周りにはたくさん食んでる鮎が見えます。だんだん瀬に近づきながら探るとポツポツ掛かります。しかし、連続ではこない。一通り瀬まで攻め10匹ほど掛かったところで昼食のパンをとります。上のトロでは2,3人入っているようです。
 元気のいい鮎を2匹舟に移し、下の瀬から攻めますが今一つ。型もあまりよくない。荒瀬の手前に囮を2回根掛かりさせ、放流させてしましましたが、5匹ほど追加したので、鮎が沢山見える上ののチャラトロに囮を入れてみます。すると即目の前で掛かりました。また遠くのチャラを泳がすと20cmの大物が掛かりました。瀬よりチャラトロがサイズも大きい。4時過ぎに上がりましたが、早くからチャラトロを攻めていれば、型も数も違っていたかも。放流、ビリ鮎含め19ひき掛かっていました。来週は鮎を肴に飲み会の予定。これでその鮎は充分確保できました。

posted by わかひろ at 20:09| 山口 ☀| Comment(0) | 僕の鮎釣り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。